2013年早春の房総半島めぐり その2

2日目です。
一泊したかんぽの宿 勝浦です。
オーシャンビューの部屋と温泉、食事も新鮮な魚介類が豊富で
大満足でした。

画像
かんぽの宿 勝浦


勝浦の朝の風物詩、朝市に立ち寄り。
テレビの旅番組で勝浦の朝市が取り上げられる時
よく画面に出てくる名物のお母さんがいました。

画像
勝浦 朝市


さらに勝浦海中公園で、海中展望塔に入ってみました。
冬の寒さに負けないように脂ののった丸々とした立派な
メジナが数知れず集まっていました。
外気は凍えるほどの寒さですが水温は12度ほどありました。
昨日の大荒れの天気のせいか水中の視界がいまいちでしたが
窓の外には別世界が広がっていました。
画像
かつうら海中展望塔


おせんころがし、道の駅「和田浦 WA・O!」、千倉「白間津のお花畑」
あちこち気ままに寄り道の旅です。
画像
おせんころがし

画像
全長26メートルのシロナガスクジラの骨格標本<レプリカ>

画像
千倉 白間津の花畑


今回の旅のフィナーレは「東京ドイツ村」です。
東京の名がついていますが、千葉県の袖ヶ浦にあります。
去年の暮あたりに、イルミネーションがすごいという話題を
耳にしていて気になっていました。
暮も正月も過ぎて一段落しているのではと思い来てみましたが、
厳冬の北風吹きすさむ中、大勢の人でにぎわっています。

アベックの数も相当で彼らのアツアツ振りで寒さもずいぶん
和らいでしまっています。
画像
東京ドイツ村ウインターイルミネーション



今回の旅は北国の岩手から来た、義姉に温暖な千葉を味わってもらおうと
思ったのですが。
目一杯の寒さの中の旅になってしまいました。
しかし、雪の無い、花いっぱいの南房総に満足してくれていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック